スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ただいまじゅげむ!
はてダから舞い戻ってきたよじゅげむぅぅぅ!!ヽ('∀'*)ノ
やっぱりはてな記法が性に合わなかったね!ww
何も考えずにだらだらと長文を書きたい私には、ノーマルなブログサービスを使うほうが良い気がしたのでした…。

しかし久々に戻ってみたら、ユーザーテンプレートの数は増えてなかったり、
いざ使おうと思ったテンプレの画像がリンク切れしていたりと、過疎っぷりを感じてしまいました…
えっみんなどこへ消えたの…FacebookとかTwitterに完全移行なの…



さて先日は、久々にラグヲタ時代のお友達とお会いしました!ひゃほう!
気付けば恋マレから10年経つとかで、
そりゃーお友達ズも結婚出産したり転職したりいろいろ起こってるよね…

と思ったらリーダーの人がその日に入籍発表したとかで、たまげたよね…!
そうか…34歳だものね…おかしくないよね…おめでとう…
(あまりに突然だったので未だにたまげている)
世の中的にまだニュースバリューがあるだなんていうこともびびった。
翌日にはヤフトピにもなってたんだよ!


あとその場で何故か「こういうほもが見たい!」みたいな話で盛り上がり、
いま、花屋と小学校教員の物語が作られつつあります。笑。
文章書きのMけさんに丸投げしたつもりだったのに、なぜか私がキャラ描いてるという謎…
ま、まあ超久しぶりに年頃の男の子を描けて楽しいんですけど…腕がなまりすぎて思うように描けないもどかしさ!orz
お仕事の合間にちょこちょこ描いてがんばります…うふぅ
| 日常 | - | -
羽海野チカ原画展〜ハチミツとライオン〜


行ってきますた。池袋西武ってあんなとこにギャラリーがあるのね!


入場料600円でこんなに見られるのか!と思うほど、展示内容はボリューミーでした。カラー原画の展示枚数は多いし、アイデアノートも大公開されてるし、コミックス未収録のハチクロサイドストーリーが原画で展示されてるしetcetc、2時間はいたけどもっとじっくり見たかった!と思わせる展示量。


すごいなーと思ったのは、カラー原画も漫画の原画も、ホワイトとかの修正跡がほぼ見つからないこと。意図的なホワイト使いはもちろんなされてるんですけどね。下書きが緻密なのか?しかしカラーは下書きそんなに出来ないだろうから(汚くなりやすいし)ほぼ一発で描いている…??


実際のところはわかんないですが、とにかく丁寧で美しくてかわいらしい原画たちを山のように見られて、しあわせでした…。


帰りにグッズ売場で、羽海野先生の特集が載ってるダヴィンチ最新号を買ったんですが、それを読んでまたムムムと考えてしまった。3月のライオンも、根暗な人種にとってはほんと毎回心をえぐられるような描写が多くてしんどいんですが、このインタビューも同じしんどさを感じました。


ひとつの物事を極めることは果たしてしあわせなことなのかしら?それは自分でない誰かにとってはすごくうらやましくてうらめしいものかもしれないけれど、その「極み」の裏には他のいろんな物事を食い千切って進むような覚悟が要る。それでもその道を選ぶしかない、選びたい、と思う人たちは果たして本当にしあわせなんだろうか。恵まれているんだろうか。


それを選ぶも選ばないも自分次第、どっちを選んでも正解不正解はないだろうし、またどっちがしあわせかというのも言えるものじゃない。「そうするしかなかった」、ただそれだけなんだなあ。


自分を省みたとき、「この今」しかなかったし、この自分しかないんだ、と改めて感じる。そういう、羽海野先生の感じてきたものがびしばしに作品に織り交ぜられてるんだなーと再認識しました。


余談。入り口入ってすぐに、著名人の皆さんから贈られた色紙が飾ってあるのも見応えあった…うすた京介のはぐちゃんとかちょうかわいいし、高橋しんの色紙とかおっそろしく美しい出来だったからな!!!




| 見た | - | -
というわけで


キャンペーンにつられて、久々に日記を書きますよい。ツイッターで日々お世話になっている方はこんばんは、そうでない方はご無沙汰しておりますかごめです。


近況は、えーと4ヶ月半の休職期間を経て、10月から社会人復帰しました。部署も異動になり、「あの怒涛のような日々は何だったん…!!」と思うほどまったり〜の平和〜の…な職場におります。業務内容も事務?というか内勤をメインにしてもらっているので、気持ちの面でもだいぶ楽です。さらに新しい上司はかなーり穏やかな方ですんで、ものっそい甘えている…。復職後ということもあって、ほぼ定時で上がっているぜ!ほほほ!


という感じで身辺落ち着いてきましたので、今年はちょっと某イベント?に出ます。まだまっっったく準備進んでないんで、当日スペースはあるけど本人不在とか…ハハハそんな怖いことにならないようがんばる…。詳細については、当日出すものがおおよそ固まり次第、ツイッター&ここでも告知させていただきます。


とまあ「落ち着いてきた」と言いつつも、なかなかメンタル安定しないっつーか…ア!私って情緒不安定の人だったのネ!っていうことを改めて認識したりもしてますw いやまあもともと根暗だけどね…。これだけ自分の周囲が落ち着いた状況になっても、気持ちとしては「これでいいのか…?」という不安にまださいなまれてたりしているんですネー。


でもいつまでも部屋でウジウジしてらんないので(まじで自分嫌いに拍車がかかるしね!w)、とりあえずリハビリ代わりに行動起こすか…というのが、前述のイベント参加を決めたきっかけでもあったりします。とりあえず何かしらやってみっか、と。当たるも八卦!当たらぬも八卦!(…何か違う)


何はともあれ、こんなところを覗いてくださっている少数派の皆様方、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。




| 日常 | - | -
140字でお題に挑戦



ramlosaxxへのお題は『「無理矢理、指を軽く握る」キーワードは「お風呂」』です。 http://shindanmaker.com/38363



ついったーでこんな診断をやってみたので、せっかくだから140字でお題に挑戦しました。そのままツイートしたかったんだけどね!あそこはいろんな人が見すぎてるから、ひっそりとここに書くのね!








一体誰が風呂なんていうシステムを考え出したんだ、汚れを落とすなんて体を拭けば事足りるはずだ、大体濡れた髪を乾かすには時間がかかりすぎる、なんと非効率的な時間なんだあれは。なのに君が僕の指をきゅ、と握って言うんだ、『ね。一緒はいろ?』……ああ、もう、こんなシステムを考えたのは誰だ?





| - | - | -
7/10(土)スムルース「スムルース LIVE TOUR 2010「HAND」@Shibuya O-EAST


見に行ったけど感想を書くのを忘れていた。こちらもまた1年ぶりくらい?のスムルース体験。ツアーセミファイナルの東京は、はっぴーとらぶが詰まった良い夜だったでござりますよ。




スムルースは今回で2度目のライブ体験だったんですが、なんというか…スムルのライブは、カップルがいちゃこらしていても許せてしまうライブだ!と私は思いますw スムルの名曲は、ラブソングか人生前向きソングの2つに分かれると思うんだが、そのラブソング群は、どれも「隣にいるあなたのこと」を歌った曲ばかりなせいでしょうかね。普段だったらいちゃこらするカップルとか見たらぬっ殺すぞビキビキという感傷の抑えられない私ですが(危険思想だね!)、スムルのライブ中だったらイイヨイイヨーいまお前の隣にいるそいつを全力で愛してやんな!!という不思議な感情が私を襲うwww


今回のツアー前にリリースされたミニアルバム「HAND」も、その名前どおり“手”というモチーフ、そしてその“手”を繋ぐというモチーフの曲が多く、言葉じゃなくて触れることや寄り添うことが大事なんだ!という彼らの気持ちが詰まっているそうです。今回のツアーはこのアルバムと、その前にリリースされているミニアルバム「UNITE」「WALK」の3つからのアクトが多かったです。過去のアルバムからは「帰り道ジェット」、「6月の天気予報」など。


個人的にすばらしいと思ったのは「バカバカしくなれたら」! CDで聴いたときから、真面目すぎるのがネックのかごめさんwにとっての処方箋か!というような歌詞がお気に入りだったこの曲ですが(歌詞貼っとく http://www.uta-net.com/user/phplib/view_0.php?ID=87734 )、ライブではフリもついて、とっても盛り上がる名曲になっていてうれしかったなー。べりべりぐーべりべりぐー♪


あと、セミファイナルだからか?まさかのダブルアンコールがあり、最後に「スーパーカラフル」を演ってくれた!嬉! これもまた過去のちょう名曲なのでテンション上がるんだぜ!


ちなみに今回やっとメンバー全員の名前がわかった私ですが(遅)、ギターの回陽さんがたいへんかわいらしい…。ドンキホーテがすきなんだって…意味も無く行くんだって…きゅん…///← それと、今回サポートで入ってらしたドラムさんが超絶素敵テクニシャンな上、とってもたのしそうに演奏なさるもんだから、サポートさんなのにしばらく見とれてしまった。グランドカラーストーンの文田さん…おぼえた…。


(すげーどうでもいい話。連れに「おまえは、バンドの向かって右側のサワヤカ系ギタリストを好きになる傾向がある」とか言われたのですが、私それ以前に、うさんくさい動きをするうざい眼鏡ボーカリストを好きになる傾向というものがあってだな…?それでいくとスムル徳田さんはその傾向に当てはまるはずなんだが、彼はいかんせん筋肉質体系でな…。ごめんよ俺、線の細い人が好きやねん…。)


というわけで、前向きにもなりつつ、愛にも溢れつつ、ほっこりホワホワと優しい気持ちになれる素敵なライブだったです!


あ、そういえば今回初めてツアーグッズをじっくり見たんだけど、スムルのグッズってイラストがすげえかわいいのでびっくりした。そしてそれを全部ボーカルの徳田さんが書いてると知って二度びっくりした。(http://inumani.chu.jp/goods/)今回のツアーグッズも、白いTシャツとか可愛かったんだけど女性サイズが売り切れてて泣いた…ハンドタオルもかわいかったなあ…。




| 見た | - | -

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
booklog
OTHER


MOBILE
qrcode